2019年11月24日

陰陽座@四日市CLUB ROOTS

陰陽座“生きることと見つけたり【参】”
2019.09.21(sat) 三重:四日市CLUB ROOTS

SET LIST
01. 覇王
02. 覇邪の封印
03. 百の鬼が夜を行く
04. 青坊主
05. 鬼
06. 組曲「鬼子母神」〜鬼拵ノ唄
07. 轆轤首
08. 人首丸
09. 累
10. 組曲「九尾」〜玉藻前
11. 孔雀忍法帖
12. 螢
13. 甲賀忍法帖
14. 黒衣の天女
15. 組曲「義経」〜悪忌判官
16. 浸食輪廻
17. 生きることと見つけたり
-ENCORE-
SE 焔之鳥
18. 鳳翼天翔
19. 梧桐の丘
20. 鬼斬忍法帖
21. 羅刹
22. 亥の子唄
23. 悪路王
24. わいら

福井,愛知に続いて陰陽座20周年記念公演の三重に参戦してきました。
会場は四日市CLUB ROOTSということでかなり狭かった。
土曜日ということもあって,かなり混雑していました。
まあ,三重には大きいライヴハウスがないから仕方がないですね。
尤も,その分比較的近い距離で陰陽座の演奏を楽しめるのも事実ではあります。
ほぼ最後方に陣取ったこともあって黒猫あたりはあまり見えなかったけれども。
演奏曲目は名古屋公演とほぼ同一かなあ。
「浸食輪廻」や「青坊主」が聴けたのはかなり嬉しい。
アンコールでの「焔之鳥」「鳳翼天翔」「梧桐の丘」も感涙もの。
事実上,組曲と言っても差し支えない楽曲ですからね。
「孔雀忍法帖」も久しぶりに聴いた気がします。
他の楽曲も名古屋で聞いたとは言え,いずれも好きな曲ばかり。
その意味ではかなり満足度は高かったと言えるのではないでしょうか。
なお,上記には書いていませんが黒猫の赤福CM曲独唱というのもありました。
これは希少価値が高くてたまらなく良かったです。
MCは相変わらず食べ物のことが中心ですねえ。
因みにトンテキも伊勢うどんも近鉄四日市駅付近で食べることが出来ます。
後は初めて招鬼が投げたタオルを捕ることが出来ました。
ピックはこれまでに何度も取っているけれど,タオルは初めてで嬉しい。
というか,勢いをつけて投げ過ぎな感もあります。
割と近場での陰陽座公演ということで比較的行き易かったのが良かったです。
次に来るのはいつになるのかなあ。
いずれにしても全国公演の際にしか組み込まれないとは思いますけれども。
もう少し名古屋公演と楽曲が被っていなかったらなお良かったです。
完全に一致ではなかった分だけ,良心的ですけれどね。
タグ:陰陽座
posted by 森山樹 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2019年09月26日

陰陽座@名古屋DIAMOND HALL

陰陽座“生きることと見つけたり【参】”
2019.09.15(sun) 愛知:名古屋DIAMOND HALL

SET LIST
SE. 焔之鳥
01. 鳳翼天翔
02. 龍の雲を得る如し
03. 百の鬼が夜を行く
04. 鬼
05. 癲狂院狂人廓
06. 組曲「鬼子母神」〜鬼拵ノ唄
07. 轆轤首
08. 人首丸
09. 累
10. 組曲「九尾」〜玉藻前
11. 化外忍法帖
12. 螢
13. 甲賀忍法帖
14. 黒衣の天女
15. 吹けよ風,轟けよ雷
16. 鸞
17. 生きることと見つけたり
-ENCORE-
18. 夢幻
19. 邪魅の抱擁
20. 卍
21. 鬼斬忍法帖
22. 羅刹
23. 雷舞
24. 悪路王
25. わいら

福井公演に続いて,陰陽座の20周年全国公演の愛知に行ってきました。
場所はいつも通りに名古屋DIAMOND HALLです。
今回は割と良い立ち位置を確保出来たので存分に堪能することが出来ました。
相変わらずの招鬼側なので黒猫や狩姦は遠めにしか見られませんけれどね。
福井公演同様に「焔之鳥」〜「鳳翼天翔」という出だしはやはり最高。
披露された楽曲は福井公演とは半分くらい被っていたかな。
まあ,定番曲は或る程度,どの会場でも披露するのでしょうけれども。
「甲賀忍法帖」と「鬼斬忍法帖」は割と食傷気味だけど仕方がないよね。
個人的にはやはり古めの楽曲が嬉しい。
今回ならば「癲狂院狂人廓」とか「化外忍法帖」あたりは久しぶりな気がします。
重い楽曲をするというMCで期待したけれど,「鵺」ではなく「累」でした。
「累」も結構好きな曲なので嬉しくはあるのですけれども。
「鵺」も本当に久しぶりに聞きたいのですよね。
アコースティックでの「螢」は黒猫の魅力が大爆発といった感じ。
「玉藻前」も大好きな曲なので,久しぶりに聞けて楽しかったです。
「人首丸」は意外過ぎて,最初は曲が思い出せませんでした。
MCはいつも通りに食べ物のことが中心かな。
後は招鬼の「おさんぱー」発言が面白かったです。
狩姦の観覧車の話題は最近のファンには分からないネタだよなあ。
瞬火はインターネッツのエゴサーチについて。
後半からアンコールにかけては期待通りの定番曲が連発。
「卍」とか「悪路王」とか「わいら」とかいいよねえ。
「夢幻」から「邪魅の抱擁」は福井に引き続いてだけど,やはり大好き。
そして,瞬火の20周年を迎えるにあたっての感謝の言葉が素敵でありました。
この長く冗長な,けれども魅力的な瞬火のMCもライヴの魅力でありましょう。
全般的に意外性のないセットリストでしたが,個人的には大満足。
聴きたい楽曲が多過ぎるのですよね。
自分が行かなかった公演に限って「叢原火」と披露しているのもお約束。
次週に四日市での三重公演があるので,二週連続で陰陽座公演というのも幸せ。
改めて陰陽座のライヴは心底楽しいものだなあと実感した次第でありました。
タグ:陰陽座
posted by 森山樹 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2019年09月22日

LOVEBITES@名古屋BOTTOM LINE

LOVEBITES“DAUGHTER OF THE DAWN TOUR 2019”
2019.08.09(fri) 愛知:名古屋BOTTOM LINE

SET LIST
01. THE HAMMER OF WRATH
02. DON'T BITE THE DUST
03. RISING
04. BREAK THE WALL
05. MASTERMIND 01
06. WARNING SHOT
07. THE APOCALYPSE
08. THE FINAL COLLISION
09. EMPTY DAYDREAM
10. ★NEW SONG★
11. M.D.O.
12. LIAR
13. LOVE BITES(SO DO I)[HALESTORM]
14. SHADOWMAKER
15. BRAVEHEARTED
-ENCORE-
16. WE THE UNITED
17. UNDER THE RED SKY

今年2回目のLOVEBITESの名古屋公演に行ってきました。
開演前のBGMに“LOVE BITES”を冠する曲が流れていたのは楽しい。
BOTTOM LINEでの公演でしたが,悪くない場所を取れたので満足。
比較的見やすい後方柵近くからぼんやり眺めていました。
邪魔な柱が2本あるので場所によっては鑑賞し辛いのですよね。
前回の公演とは異なり,1stアルバムからの曲も割と多め。
お蔭であまり聞き込んでいない曲もそれなりにありました。
そういう曲でも楽しめるので問題はないのですが。
また,現在制作中の新譜から1曲を先行で披露してくれたのも嬉しい。
ライヴならではの醍醐味と言えるでしょう。
演奏は相変わらず華やかで可愛らしく素敵なもの。
asamiの力強い歌唱に魅了されます。
勿論,大好きなmihoとharunaも存分に堪能しました。
miyakoの可憐さは相変わらずたまらないものがあります。
大好きな「EMPTY DAYDREAM」を聞けたのも嬉しかった。
前回の公演と被っているのは半分くらいかな。
また,HALESTORMの「LOVE BITES(SO DO I)」は意表を突かれました。
このあたりの意外性もライヴならではの楽しみですよね。
最後は前回同様に「UNDER THE RED SKY」で締めとなりました。
相変わらず,MCは少なめですが,その分演奏に集中できます。
17曲100分程度というのも前回とほぼ同じですかね。
充実した内容の素敵なライヴでありました。
会場の熱気も非常に良かったです。
タグ:LOVEBITES
posted by 森山樹 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2019年08月08日

陰陽座@福井・響のホール

陰陽座“生きることと見つけたり【参】”
2019.07.13(sat) 福井・響のホール

SET LIST
01. 焔之鳥〜鳳翼天翔
02. 煌
03. 百の鬼が夜を行く
04. 桜花ノ理
05. 彷徨える
06. 組曲「鬼子母神」〜鬼拵ノ唄
07. 以津真天
08. 飯綱落とし
09. 塗り壁
10. 甲賀忍法帖
11. 鬼斬忍法帖
12. 氷の楔
13. 火車の轍
14. 月に叢雲花に風
15. 蒼き独眼
16. 黒衣の天女
17. 生きることと見つけたり
-ENCORE-
18. 夢幻
19. 邪魅の抱擁
20. わいら
21. 卍
22. 羅刹
23. 亥の子唄
24. 悪路王
25. 骸

2019年2つめのライヴは何故か福井での陰陽座となりました。
陰陽座の20周年ライヴは名古屋と四日市だけのつもりだったんですけれどね。
偶々,福井公演が都合が良かったので,思わずの遠征です。
というわけで,福井市の響のホールは初めての場所でした。
そんなに大きくなくて施設も綺麗で割といい感じ。
ドリンク代を取られなかったけれど,良かったのかしらね。
それはともかく陰陽座のライヴは最高に楽しかった。
20周年を記念しての全国公演ということで割と古めの曲が多めな印象です。
「焔之鳥」から「鳳翼天翔」への流れは鉄板ですね。
『鳳翼麟瞳』で陰陽座に入った自分にはまさに開幕を告げるに相応しい選曲でした。
更に久々に「桜花ノ理」や「月に叢雲花に風」が聴けたのも本当に嬉しい。
特に「桜花ノ理」は自分にとって陰陽座を語るに一番最高の曲なのですよね。
あまりの嬉しさに涙が出そうになっていました。
他にも「塗り壁」や「煌」,「黒衣の天女」も堪能出来ました。
「氷の楔」の美しさも感涙もの。
夏のバラードということで「螢」を予想していたのですけれどね。
大好きな「火車の轍」も心から満足させて貰いました。
アンコールでは「わいら」「卍」「悪路王」「骸」と定番曲が楽しいです。
「亥の子唄」で全身全霊を持ってお祝い出来たのも嬉しいですね。
いつも通りに兄上の長口上のMCもやっぱりなくてはならないもの。
今回の題材は尻子玉や神社巡りが中心でした。
このぐだぐだ感も陰陽座のライヴには欠かせないものだと思います。
聴きたい曲を久しぶりに聞くことが出来て大満足のライヴでありました。
やっぱり陰陽座は自分にとって本当に大切なバンドだなと痛感します。
9月に待つ名古屋と四日市の公演も楽しみにしたいものです。
posted by 森山樹 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2019年07月20日

LOVEBITES@名古屋Electric Lady Land

LOVEBITES“CLOCKWORK IMMORTALITY TOUR”
2019.01.13(Sun) 愛知:名古屋Electric Lady Land

SET LIST
01. Addicted
02. Bravehearted
03. The Crusade
04. Pledge Of The Saviour
05. Rising
06. Scream For Me
07. Break The Wall
08. Shadowmaker
09. Above The Black Sea
10. Empty Daydream
11. M.D.O
12. Journey To The Otherside
13. Edge Of The World
14. We the united
-ENCORE-
15. Epilogue
16. Don't Bite The Dust
17. Under The Red Sky

2019年最初のライヴはLOVEBITESということになりました。
尤も,LOVEBITESのライヴ自体が今回が初めてだったのですけれども。
とは言え,DESTROSEや激情めたりっちぇ,a Drop of Jokerは以前に体験済。
殆どのメンバーが初めてではないというのがちょっと面白かったです。
mihoにはLOUD PARKの時に直接フライヤーを貰ったこともあるしね。
なんとなく馴染みのあるバンドだなという印象ではありました。
音楽自体も聴きたかったのですが,近場では店頭に並んでなかったのですよね。
ライヴ前には辛うじて2ndアルバムだけを聞いていくという体たらくでありました。
ライヴパフォーマンスは素直に格好いいの一言。
華やかで艶やかで美しく格好良いライヴを存分に楽しませてくれます。
女性だけの編成のバンドということで男性ファンが多めかなあ。
会場がElectric Lady Landということで息苦しさを感じるのは辛かった。
次回はもう少し大きめのライヴハウスでの公演をお願いしたいものです。
とりあえず聞きたかった楽曲は全部聞けて満足です。
MCは殆どなかった印象があります。
グッズは持っていなかったCDとTシャツを2枚購入しました。
公演時間は2時間弱,多分100分くらいかな。
短めに感じたけれど,アンコール込みで17曲やってくれているのですよね。
MCが少ない分,短く感じるだけかもしれません。
内容は充実していて存分に楽しめたライヴでありました。
タグ:LOVEBITES
posted by 森山樹 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想