2015年07月11日

2015年前半を振り返って

2015年上半期に参戦したライヴは全部で10本。
概ね満足出来る数字と言えるでしょう。
体調不良等で見逃したライヴが幾つかあったのは残念ですけれども。
特にOPETHとGALNERYUSはやはり見たかった。
参戦したライヴでは念願のBLIND GUARDIANが最高でした。
割合に古めの曲が多かったのは嬉しい。
ANGRAやSONATA ARCTICAもやはり好きなバンドであります。
陰陽座のライヴも相変わらず満足度は高いですね。
CYNTIAも存分に楽しめたライヴでありました。
Gacharic Spinの熱さも素晴らしかったです。

2015年上半期に購入した音源は全部で36枚。
これはミニアルバムやシングルを含めた数字であります。
他にライヴDVDを5枚買っているのが特徴的かな。
HELLOWEENやKAMELOTの新作は嬉しかった。
ANGRAやNIGHTWISHもあり,充実していたように感じます。
勿論,久しぶりのBLIND GUARDIANも楽しめました。
とは言え,聴き込めていない作品が多いのも事実。
このあたりはもう少し真摯に音楽に向き合いたいものです。
国産バンドではGYZEの新譜が素晴らしかった。
CYNTIAはメタル路線から外れてきているのが気になります。
作品そのものの満足度は高いのですけれどね。

下半期は最大のイベントであるLOUD PARKが待っています。
昨年に引き続き2度目の参戦を予定しています。
今回は10回目の記念ということで参戦バンドが非常に素晴らしい。
是非とも万難を排してメタル漬けの二日間を堪能したいものです。
他にもHIBRIAやDRAGONFORCEの来日公演も楽しみ。
但し,ライヴだけではなく,しっかりと音源そのものも味わいたい。
特に音源の感想を結局上半期は1枚しか書けなかったのは反省点。
このあたりはもう少し意識を高めていきたいと思います。
何はともあれ,素晴らしいメタル生活が送れるように頑張ります。
posted by 森山樹 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2015年01月14日

2014年マイベスト

2014年に聞いたCDの中で特に印象に残った作品を10枚選んでみました。
並びは聞いた順番であって,序列ではありません。


WITHIN TEMPTATION / HYDRA
何よりも楽曲が素晴らしい。
LOUD PARKでの演奏も圧巻だった。
シャロンとターヤによる「PARADISE」は特に最高。


PRIMAL FEAR / DELIVERING THE BLACK
ラルフ・シーパースの歌唱が圧倒的。
ジャーマン・メタルの真髄を感じさせます。
ライヴでもパフォーマンスが全く落ちないのが流石。


GAMMA RAY / EMPIRE OF THE UNDEAD
1曲目「AVALON」の冒頭で心を鷲掴みにされました。
UNISONICとの差別化なのか,ピュア・メタルを追求した印象。
カイ・ハンセンの歌唱は気にならなくなってきたなあ。


UNISONIC / LIGHT OF DAWN
最初は印象が薄かったけれど,聞き込むうちに気に入ってきた一枚。
何はともあれ,マイケル・キスクにはメロディックなパワー・メタルが似合う。
多彩な趣向を凝らした楽曲も楽しいです。
来日公演に行けなかったのが残念でなりません。


Mary's Blood / COUNTDOWN EVOLUTION
Mary's Bloodのメジャーデビューアルバム。
重さと激しさ,華やかさを共存させた稀有な作品と言えるのではないかなあ。
あまりに激しい「COLONATION DAY」はベストチューン候補です。


GANGLION / INFINITY
6曲入りのミニ・アルバムだけど,楽曲はいずれも粒揃い。
特に「DISTANCE」の切ない激情があまりにも美しい。
VoのoniとBのebiの美しさも特筆ものであります。



陰陽座 / 風神界逅,雷神創世
2枚同時に発売された陰陽座の久しぶりのアルバム。
それぞれに陰陽座の異なった魅力を存分に発揮しています。
「八尾比丘尼」や「累」と言った大作の存在も嬉しい。
相変わらずの安定感が光ります。


GALNERYUS / VETELGYUS
新作を出す度に前作を確実に上回ってくるのが素晴らしい。
この種の音楽では名実ともに世界で一番好きかもしれません。
それだけに所用でライヴに行けなかったのが悔やまれます。


AMARANTHE / MASSIVE ADDICTIVE
2年連続での発表が嬉しい3rdアルバム。
LOUD PARKでの盛り上がりも素晴らしいものがありました。
エリーゼの可憐な魅力もたまらないです。


LIGHTBRINGER / MONUMENT
無期限活動停止前最後のアルバム。
題名があまりにも意味深すぎます。
ライヴ会場限定発売だった「ICARUS」の収録が嬉しい。
いつかまた活動を再開することを願って止みません。
posted by 森山樹 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2015年01月10日

2014年の反省と2015年の抱負

 購入した音源は75枚。そのうち,国産バンドが42枚というのは如何にも多い。ここ数年の傾向としてあった,国産バンドへの傾倒が明確になった年でありました。尤も,シングルやミニアルバムも相当数買っているので,金額自体は未だに海外バンドのほうが上回って入るのですけれどね。それを考慮しても国産の,それも女性Voを据えたバンドに耽溺した一年であったと言えるでしょう。参戦したライヴはイベント,フェスを含めて24本。此方も過去最高ということになりました。全般的に充実した音楽生活が送れたように思います。

 2014年の個人的に一番の出来事はやはり何をさて置いても,LOUD PARKへの初参戦ということになりましょう。初開催から9年目にして漸く念願が叶いました。SYMPHONY XとMANOWARのキャンセルは残念でしたが,それを考慮したとしても非常に楽しかった。RAGEやWITHIN TEMPTATION,DRAGONFORCE,AMARANTHEといった大好きなバンドだけではなく,触れたことのないバンドの公演も存分に堪能することが出来ました。これがフェスの一番の醍醐味であります。2015年は記念すべき10回目の開催ということで大物バンドの参戦も予想されます。可能な限り,今年も足を運びたいものです。

 上述したように国産女性Voバンドの躍進も2014年の特徴と言えるでしょう。ALDIOUSやCYNTIAに続いて,Mary’s Bloodがメジャーデビューを果たしました。他のふたつよりもメタル要素が濃厚という点でかなり好み。結局,名古屋での公演には全て参戦してしまいました。更なる飛躍を期待したいものです。また,CROSS VEINもメジャーデビュー。此方はシンフォニック系メタルとして楽しみにしています。一方でLIGHTBRINGERが無期限の活動停止を発表したのは悲しい。いつか,活動を再開して欲しいものです。

 2015年も積極的にライヴに足を運ぶつもりです。特に海外バンドは可能な限り漏れがないようにしたいもの。2014年はUNISONICとEDGUYの公演に行けなかったのが痛恨事でありました。同じ過ちを繰り返さないようにします。また,ここ数年の懸案である,音源の感想も本格的に再開したい。この度のブログの新装開店を良い契機にしたいと思います。そして,何よりも2015年も自分好みの素敵な音楽と出逢える一年となることを心から願っています。

 なお,2014年のマイベストについては別記事を設けたいと思います。此方もなるべく近日中に掲載する予定です。
posted by 森山樹 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文