2019年07月22日

2019年前半を振り返って

2019年前半に参戦したライヴはLOVEBITESの1つだけ。
行きたいライヴは多かったのですが,都合がつかなかったのが残念。
例によって,RHAPSODY OF FIREには名古屋飛ばしされました。
後は数年前に比べてライヴ代が2000円近く上がっているのが痛い。
8000円だとちょっと行ってみようかなとはなかなか思えないですね。
選択と集中という何処かで聞いた言葉を用いたくなってしまいます。
行けば楽しいのは分かり切っているのですけれどね。

2019年前半に購入した音源は23枚。
加えて陰陽座のライヴDVDを購入しています。
意外と聞けていないのが昨今の低調さを示していますね。
WITHIN TEMPTATIONやRHAPSODY OF FIREの新譜は良かったのだけど。
後はFROZEN CROWNが評判通りに素晴らしいバンドでした。
このバンドは今後も注目していきたいものです。
国内バンドではLOVEBITESとMARY'S BLOODかなあ。
Re:NOの脱退が痛いALDIOUSを超えていきそうな雰囲気があります。
活動休止中のCYNTIAの復活も期待したいのだけれども。

2019年後半は意外にライヴが充実しそうで楽しみ。
陰陽座の全国ツアーにも3度参戦を予定しています。
後はLOVEBITESにMARY'S BLOOD,ALDIOUSも可能なら行きたい。
海外勢ではTULLILI/LIONE RHAPSODYが気になるところ。
DERDIANの単独公演やCIRCUS MAXIMUSも楽しそうです。
今年もLOUD PARKが開催されないのはやはり残念。
その分を他のライヴで発散させたいものであります。
音源の感想も地道に書いていくつもり。
何とか月に3枚くらいは書ければなあと思っています。
posted by 森山樹 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月18日

2015年傾向分析

1位 ビクター(12枚)
2位 キング(8枚)
3位 マーキー(6枚)
3位 VAA(6枚)
5位 スピリチュアル・ビースト(3枚)

 2015年に購入したCDをレーベル別に統計を取ってみました。多少の誤差はある筈。なお,インディーズは含めていません。

 流石に定番が揃った気がします。上位3社はほぼ予想通り。もう少しマーキーは多いと思ったのですけれどね。キング・レコードは国産バンドが多くなった印象。VAAはALDIOUSにRaglaia,Cherry Heartsらが所属するレーベル。アルバムだけではなくシングルも含まれているので多めになっています。スピリチュアル・ビーストはもっと多いと思っていたのだけれどなあ。ビクターが1位というのは意外性がなさすぎました。

1位 名古屋CLUB QUATTRO(5回)
2位 ELECTRIC LADY LAND(3回)
2位 今池CLUB 3STAR(3回)
4位 DIAMOND HALL(2回)
4位 ell.FITS.ALL(2回)
4位 ell.SIZE(2回)

 此方は2015年に複数回行ったライヴハウスの集計。名古屋CLUB QUATTROは国内外どちらのバンドのライヴもやってくれるのが嬉しい。此処数年は毎年1位の気がします。次いでELECTRIC LADY LANDと今池3STAR。今池3STARは割と好き。いつも余裕があるので不安になりますけれども。ELECTRIC LADY LANDは逆にいつも満員な気がします。夏のELECTRIC LADY LOUDは定番ですね。Gacharic Spinのライヴはもう少し大きいライヴハウスでやった方がいいような気もするけれども。因みにDIAMOND HALLの2回は両方とも陰陽座です。昔は必ずELECTRIC LADY LANDだったのですけれどね。

 この種の統計で自己分析をするのは結構楽しい。余力があれば,毎年の恒例としたいところです。
posted by 森山樹 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月10日

2015年マイベスト

2015年に聞いたCDの中で特に印象に残った10作品です。
並びは聞いた順番であって,序列ではありません。


BLIND GUARDIAN / BEYOND THE RED MIRROR
前作からの路線を継承する或る種の集大成的作品。
初期の攻撃性は最早望むべくもないけれど。


CYNTIA / WOMAN
メタル色はやや薄めながら,CYNTIAの魅力が詰まった作品。
「KISS KISS KISS」の印象深さが最高です。


CROSS VEIN / ROYAL ETERNITY
豪華絢爛な国産シンフォニック・メタル・バンドのメジャー・デビュー・アルバム。
自分たちの音楽と方向性を既に確立しているのが素晴らしい。


Mardelas / Mardelas I
元DESTROSEの蛇石マリナをVoに据えたプロジェクトのデビュー・アルバム。
相変わらず,蛇石マリナの歌唱力の素晴らしさには脱帽してしまいます。


KAMELOT / HAVEN
第一印象はそれ程よくなかったけれど,聴き込むうちにお気に入りに。
「Veil Of Elysium」の劇的な格好良さがたまりません。


STRATOVARIUS / ETERNAL
すっかり新体制が定着したSTRATOVARIUSの最新作。
今後の様式美の基準になるとさえ思える作品。


AMORPHIS / UNDER THE RED CLOUD
安定感に掛けては随一のフィンランド産メロディック・デス・メタル。
期待を遥かに上回り,12枚目にして更なる進化をも窺わせます。


Gacharic Spin / MUSIC BATTLER
ライヴ・パフォーマンスがあまりにも楽しいガールズ・バンドのデビュー・アルバム。
このバンドに関してはライヴで聞いてこそという感さえします。


DARK MOOR / PROJECT X
パワー・メタル色が減退してメロディック・ハードへと移行したのは気の所為か。
楽曲としては魅力的であることは確かでもあるのですけれども。


SALTY DOG / YGGDRASiL ANTHEM
2015年最大の収穫のひとつであるエレクトロ・ラウド・ロック・バンド。
個人的に1stアルバム「Goodnight, Cruel World」が最高過ぎました。
posted by 森山樹 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月09日

2015年の反省と2016年の抱負

 購入した音源はCDが77枚にDVDが10枚。CDの購入数はほぼ例年通りですが,DVDが増えました。特徴的なのは購入した音源の半数以上が国産の女性Voメタルバンドだったということ。此処数年の傾向が頂点を迎えた感があります。女性Voバンドの活躍が目立った一年でありました。国内メタルが活性化するのは嬉しいです。その分,海外メタルへの興味が後手に回った感もありますけれども。

 参戦したライヴは大小合わせて25本。此方も国内バンドのライヴが多めでした。とは言え,やはり印象に残っているのは海外バンドのライヴです。特に念願の適ったBLIND GUARDIANは本当に印象的。東京まで遠征したAMARANTHEの満足度も格別のものがありました。LOUD PARKへの参戦を果たせなかったのは残念です。SABATONが見たかった。国内バンドではやはりMary’s Bloodが秀逸。メタルではありませんが,Gacharic Spinのライヴも存分に楽しみました。Gacharic Spinはライヴでこそ,というバンドかもしれません。

 2016年の目標は2015年に結局殆ど果たせなかった音源の感想を書くことに尽きます。ライヴの感想も漏らさずに書いていきたいもの。もう少しメタルと真摯に向き合う一年にしたいものです。なお,ライヴに関しては本数を減らしていくつもり。海外バンドは積極的に足を運びますが,国内バンドのライヴについては厳選したいと思っています。LOUD PARKも今年は行きたいものですけれども。いずれにせよ,素敵なメタル生活を送ることが出来れば,それにこしたことはありません。

 なお,2015年のマイベストについては別記事を設けたいと思います。此方もなるべく近日中に掲載する予定です。
posted by 森山樹 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2016年01月06日

2015年後半を振り返って

2015年後半に参戦したライヴは全部で15本。
LOUD PARKに行けなかったのが返す返すも残念。
また精神的な不調で行けなかったライヴも幾つかありました。
精神と身体の平穏がないとライヴは楽しめません。
そのことを実感したこの半年でありました。
参加すれば大いに楽しいのは分かっているのですけれどね。
一番楽しかったのはELECTRIC LADY LOUDかな。
特にCROSS VEINとGANGLIONが良かったです。
単独ではMary’s BloodとAMARANTHEが楽しめました。

2015年上半期に購入した音源は全部で41枚。
これにライヴDVDを5枚購入しています。
相変わらず国産女性Voバンドの作品が多め。
メタルとは言い難い部分もありますが,SALTY DOGが良かった。
ALDIOUSも相変わらず素晴らしい。
海外バンドではSTRATOVARIUSとAMORPHISが双璧かな。
北欧バンドの音楽はやはり好みであります。
HIBRIAやDARK MOORなども楽しかったのですけれども。
posted by 森山樹 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文