2020年01月12日

GALNERYUS / INTO THE PURGATORY

〈2019年音源感想10枚目〉
GALNERYUS / INTO THE PURGATORY


国産メロディック・スピード・メタル・バンドの12thアルバムです。
過去二作とは異なりコンセプト・アルバムの体裁を採ってはいません。
終始,劇的な疾走感と哀愁に満ちたGALNERYUSの音楽が炸裂します。
数を重ねても未だに常に前作を凌駕する作品を作り上げるのが素敵。
#3以外の作曲を手掛けたSYUには心から脱帽してしまいます。
そして,そのSYUの音楽を完成させるGALNERYUSというバンドが素晴らしい。
相変わらず,小野正利のVoも冴え渡っています。
コンセプトという頸木から解放されたのか多彩な楽曲が揃うのも良い。
本当にそのすべてがキラー・チューンと言っても差し支えないでしょう。
それくらいに粒が揃った楽曲が並んでいます。
敢えて特に好きな曲を挙げるならば#2,#5,#7,#8,#9あたりか。
#2や#7は緊迫した疾走感のある如何にもGALNERYUSらしい楽曲。
#8は限りなく美しいピアノが印象的なバラード曲。
小野正利の甘く叙情的な歌声に酔わされます。
#9は約9分に及ぶ劇的で哀愁を漂わせながらも突っ走ります。
GALNERYUSがこの分野において国内随一であることを証明した作品でありました。
或いは世界でも有数の,と言ってもいいのかもしれませんけれども。

(日本 2019年)
タグ:GALNERYUS
posted by 森山樹 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CD感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187026977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック