2019年09月26日

陰陽座@名古屋DIAMOND HALL

陰陽座“生きることと見つけたり【参】”
2019.09.15(sun) 愛知:名古屋DIAMOND HALL

SET LIST
SE. 焔之鳥
01. 鳳翼天翔
02. 龍の雲を得る如し
03. 百の鬼が夜を行く
04. 鬼
05. 癲狂院狂人廓
06. 組曲「鬼子母神」〜鬼拵ノ唄
07. 轆轤首
08. 人首丸
09. 累
10. 組曲「九尾」〜玉藻前
11. 化外忍法帖
12. 螢
13. 甲賀忍法帖
14. 黒衣の天女
15. 吹けよ風,轟けよ雷
16. 鸞
17. 生きることと見つけたり
-ENCORE-
18. 夢幻
19. 邪魅の抱擁
20. 卍
21. 鬼斬忍法帖
22. 羅刹
23. 雷舞
24. 悪路王
25. わいら

福井公演に続いて,陰陽座の20周年全国公演の愛知に行ってきました。
場所はいつも通りに名古屋DIAMOND HALLです。
今回は割と良い立ち位置を確保出来たので存分に堪能することが出来ました。
相変わらずの招鬼側なので黒猫や狩姦は遠めにしか見られませんけれどね。
福井公演同様に「焔之鳥」〜「鳳翼天翔」という出だしはやはり最高。
披露された楽曲は福井公演とは半分くらい被っていたかな。
まあ,定番曲は或る程度,どの会場でも披露するのでしょうけれども。
「甲賀忍法帖」と「鬼斬忍法帖」は割と食傷気味だけど仕方がないよね。
個人的にはやはり古めの楽曲が嬉しい。
今回ならば「癲狂院狂人廓」とか「化外忍法帖」あたりは久しぶりな気がします。
重い楽曲をするというMCで期待したけれど,「鵺」ではなく「累」でした。
「累」も結構好きな曲なので嬉しくはあるのですけれども。
「鵺」も本当に久しぶりに聞きたいのですよね。
アコースティックでの「螢」は黒猫の魅力が大爆発といった感じ。
「玉藻前」も大好きな曲なので,久しぶりに聞けて楽しかったです。
「人首丸」は意外過ぎて,最初は曲が思い出せませんでした。
MCはいつも通りに食べ物のことが中心かな。
後は招鬼の「おさんぱー」発言が面白かったです。
狩姦の観覧車の話題は最近のファンには分からないネタだよなあ。
瞬火はインターネッツのエゴサーチについて。
後半からアンコールにかけては期待通りの定番曲が連発。
「卍」とか「悪路王」とか「わいら」とかいいよねえ。
「夢幻」から「邪魅の抱擁」は福井に引き続いてだけど,やはり大好き。
そして,瞬火の20周年を迎えるにあたっての感謝の言葉が素敵でありました。
この長く冗長な,けれども魅力的な瞬火のMCもライヴの魅力でありましょう。
全般的に意外性のないセットリストでしたが,個人的には大満足。
聴きたい楽曲が多過ぎるのですよね。
自分が行かなかった公演に限って「叢原火」と披露しているのもお約束。
次週に四日市での三重公演があるので,二週連続で陰陽座公演というのも幸せ。
改めて陰陽座のライヴは心底楽しいものだなあと実感した次第でありました。
タグ:陰陽座
posted by 森山樹 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186608048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック