2019年09月23日

LOVEBITES / DAUGHTERS OF THE DAWN

〈2019年DVD感想 1枚目〉
LOVEBITES / DAUGHTERS OF THE DAWN


2019年1月に東京・赤坂BLITZでの公演を収録したLOVEBITESのライヴDVDです。
『CLOCKWORK IMMORTALITY』からの曲が勿論多めですが,その他の代表曲も満載です。
ライヴDVDということでの会場の熱気が非常に楽しい。
VoのasamiのMCもきちんと収められているのが嬉しいです。
また,ライヴ会場では見えない角度からの映像が堪能出来るのもたまりません。
特にDrのharunaの演奏はライヴDVDでこそ味わえるものといえましょう。
asamiやmiyako,midori,mihoの艶やかで華やかな動きも魅力いっぱい。
改めてこのLOVEBITESというバンドの素晴らしさを実感します。
本当にmiyakoの可愛らしさは最高ですね。
そして,asamiの迫力のある歌唱力もやはり格好いい。
全員が女性のバンドではありますが,力強いという印象が一番に来ます。
INTROとOUTROを含めて収録されているのは19曲。
まだ発表した曲がそれ程多くないので,殆どの曲を楽しむことが出来ます。
「BRAVEHEARTED」や「PLEDGE OF THE SAVIOUR」はやはりライヴで映えますね。
特に「THE CRUSADE」〜「PLEDGE OF SAVIOUR」〜「RISING」の流れが最高でした。
しっとりとした出だしの「EMPTY DAYDREAM」はライヴならではの編曲。
一番好きな曲のひとつでもあるので,聞き惚れてしまいました。
「WE THE UNITED」で本篇が終わるのもいいですね。
アンコールは「DON'T BITE THE DUST」と「UNDER THE RED SKY」の2曲。
「UNDER THE RED SKY」は2度のライヴでどちらとも最後に披露されていました。
或いは定番のエンディング曲という扱いなのかもしれません。
「THE FINAL COLLISION」が収録されていれば,なお良かったのかなあ。
とは言え,現時点でのLOVEBITESのひとつの到達点として存分に堪能出来る作品でした。
次のライヴ前には再度鑑賞して,準備を怠らないようにしたいものです。
なお,特典映像としてメンバーの機材紹介が収録されています。
このあたりもオフショット的で興味深いところでしょう。
個人的にはMANOWARのライヴTシャツを着たmihoに惚れ惚れしました。
後,ちょいちょい関西弁が混ざるmiyakoが心底可愛いです。

(日本 2019年)

タグ:LOVEBITES
【DVD感想の最新記事】
posted by 森山樹 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186596375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック