2019年07月22日

2019年前半を振り返って

2019年前半に参戦したライヴはLOVEBITESの1つだけ。
行きたいライヴは多かったのですが,都合がつかなかったのが残念。
例によって,RHAPSODY OF FIREには名古屋飛ばしされました。
後は数年前に比べてライヴ代が2000円近く上がっているのが痛い。
8000円だとちょっと行ってみようかなとはなかなか思えないですね。
選択と集中という何処かで聞いた言葉を用いたくなってしまいます。
行けば楽しいのは分かり切っているのですけれどね。

2019年前半に購入した音源は23枚。
加えて陰陽座のライヴDVDを購入しています。
意外と聞けていないのが昨今の低調さを示していますね。
WITHIN TEMPTATIONやRHAPSODY OF FIREの新譜は良かったのだけど。
後はFROZEN CROWNが評判通りに素晴らしいバンドでした。
このバンドは今後も注目していきたいものです。
国内バンドではLOVEBITESとMARY'S BLOODかなあ。
Re:NOの脱退が痛いALDIOUSを超えていきそうな雰囲気があります。
活動休止中のCYNTIAの復活も期待したいのだけれども。

2019年後半は意外にライヴが充実しそうで楽しみ。
陰陽座の全国ツアーにも3度参戦を予定しています。
後はLOVEBITESにMARY'S BLOOD,ALDIOUSも可能なら行きたい。
海外勢ではTULLILI/LIONE RHAPSODYが気になるところ。
DERDIANの単独公演やCIRCUS MAXIMUSも楽しそうです。
今年もLOUD PARKが開催されないのはやはり残念。
その分を他のライヴで発散させたいものであります。
音源の感想も地道に書いていくつもり。
何とか月に3枚くらいは書ければなあと思っています。
posted by 森山樹 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186310612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック