2019年06月18日

FROZEN CROWN / CROWNED IN FOREST

〈2019年音源感想4枚目〉
FROZEN CROWN / CROWNED IN FOREST


イタリア産メロディック・メタル・バンドの2ndアルバムです。
まあ,前作は聞いていないので,自分にとっては今作が初体験ですが。
評判の良さは聞いていたのですが,思った以上に自分好みで大変良い。
シンフォニック系とはまた異なる女性Voが印象的です。
しっかり歌えてメタルらしい熱さも兼ね備えていい感じ。
そして,何よりも楽曲がどれも素晴らしく格好いい。
正統派のメロディック・メタルにややグロウルを交えた印象かな。
ところどころでエクストリーム・メタルな気配も漂いますが。
そんなにポップでもなく割と硬派なメタルですね。
女性Voを起用するという先入観からはやや外れている気がします。
勿論,個人的にはこちらの方が大変好み。
因みにGのタリアも女性ですが,何と弱冠18歳というのが凄い。
楽曲はいずれも粒揃いです。
個人的に好きなのは#2,#3,#7あたりかなあ。
此処まで自分好みのバンドとは思っていなかったので嬉しい誤算。
先ずは1stに立ち返って聴いてみようと思います。
Gのフェデリコ・モンデッリの作曲が本当にいいなあという印象です。
彼のもうひとつ,というか本来のバンドであるBE THE WOLFも聴こうかしらね。
しかし,来日初公演に行きたかったですねえ。
日程的に完全に無理ではあったのですけれども。

(イタリア 2019年)

タグ:FROZEN CROWN
posted by 森山樹 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | CD感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186157276
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック