2020年01月21日

2019年傾向分析

2019年に購入したCDをレーベル別に統計を取ってみました。
多少の誤差はある筈。

ワードレコーズ(9枚)
キングレコード(6枚)
マーキー(4枚)
ビクター(3枚)

以前は割と買っていたスピリチュアル・ビーストが0枚。
ビクターも意外に少なかった気がします。
ワードレコーズはここ数年で多くなったレーベルですね。
このあたりの趨勢の変化も興味深いところです。
キングとマーキーは割と安定しています。
実際には一番多いのはインディーズだったりしますけれどね。
国産バンドの殆どはそれに該当する筈です。
posted by 森山樹 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文