2019年09月17日

AMON AMARTH / BERSERKER

〈2019年音源感想7枚目〉
AMON AMARTH / BERSERKER


スウェーデン産メロディック・デス・メタルバンドの11thアルバム。
ヴァイキング・メタルというほうが相応しいのかもしれないけれど。
3年ぶりの新譜になるのかな。
新たにDrのヨッケ・ヴァルグレンが正式に加入しています。
北欧神話を高らかに歌い上げる感じはいつものAMON AMARTH。
基本的に作風の変化はありません。
重くて汗臭い漢度に満ちたヘヴィ・メタルを堪能させてくれます。
良くも悪くも自分たちに求められている音楽に忠実。
北欧の叙情性は微塵もないのですが,悲哀を何処となく感じさせます。
轟音と咆哮だけではない深みを覚えさせるのが不思議でもあり魅力的。
素直に格好いいと思える音楽ではありますね。
特に好きなのは#1,#3,#5あたりかなあ。
#1の出だしは期待感を煽られてたまりません。
#5はその悲哀に満ちた余韻がものすごく好き。
雷神トールのミョルニルハンマーを歌う#3は正統派ヘヴィ・メタルの趣き。
#6はライヴで映えそうな楽曲かなあ。
疾走感のある#10も王道の曲といった感じで好み。
全般的に改めて好きなバンドであることを実感させる作品でありました。
変わらない強みというのを感じさせます。
だからこそ,いつまで経っても日本での人気が上がらないのだろうけれどね。
単独での来日公演を望みたいものでありますが。

(スウェーデン 2019年)

タグ:AMON AMARTH
posted by 森山樹 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CD感想