2019年08月08日

陰陽座@福井・響のホール

陰陽座“生きることと見つけたり【参】”
2019.07.13(sat) 福井・響のホール

SET LIST
01. 焔之鳥〜鳳翼天翔
02. 煌
03. 百の鬼が夜を行く
04. 桜花ノ理
05. 彷徨える
06. 組曲「鬼子母神」〜鬼拵ノ唄
07. 以津真天
08. 飯綱落とし
09. 塗り壁
10. 甲賀忍法帖
11. 鬼斬忍法帖
12. 氷の楔
13. 火車の轍
14. 月に叢雲花に風
15. 蒼き独眼
16. 黒衣の天女
17. 生きることと見つけたり
-ENCORE-
18. 夢幻
19. 邪魅の抱擁
20. わいら
21. 卍
22. 羅刹
23. 亥の子唄
24. 悪路王
25. 骸

2019年2つめのライヴは何故か福井での陰陽座となりました。
陰陽座の20周年ライヴは名古屋と四日市だけのつもりだったんですけれどね。
偶々,福井公演が都合が良かったので,思わずの遠征です。
というわけで,福井市の響のホールは初めての場所でした。
そんなに大きくなくて施設も綺麗で割といい感じ。
ドリンク代を取られなかったけれど,良かったのかしらね。
それはともかく陰陽座のライヴは最高に楽しかった。
20周年を記念しての全国公演ということで割と古めの曲が多めな印象です。
「焔之鳥」から「鳳翼天翔」への流れは鉄板ですね。
『鳳翼麟瞳』で陰陽座に入った自分にはまさに開幕を告げるに相応しい選曲でした。
更に久々に「桜花ノ理」や「月に叢雲花に風」が聴けたのも本当に嬉しい。
特に「桜花ノ理」は自分にとって陰陽座を語るに一番最高の曲なのですよね。
あまりの嬉しさに涙が出そうになっていました。
他にも「塗り壁」や「煌」,「黒衣の天女」も堪能出来ました。
「氷の楔」の美しさも感涙もの。
夏のバラードということで「螢」を予想していたのですけれどね。
大好きな「火車の轍」も心から満足させて貰いました。
アンコールでは「わいら」「卍」「悪路王」「骸」と定番曲が楽しいです。
「亥の子唄」で全身全霊を持ってお祝い出来たのも嬉しいですね。
いつも通りに兄上の長口上のMCもやっぱりなくてはならないもの。
今回の題材は尻子玉や神社巡りが中心でした。
このぐだぐだ感も陰陽座のライヴには欠かせないものだと思います。
聴きたい曲を久しぶりに聞くことが出来て大満足のライヴでありました。
やっぱり陰陽座は自分にとって本当に大切なバンドだなと痛感します。
9月に待つ名古屋と四日市の公演も楽しみにしたいものです。
posted by 森山樹 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想