2015年10月26日

GIRLS CONNECTION@名古屋ELECTRIC LADY LAND

GIRLS CONNECTION
2015.06.21(sun) 愛知・名古屋ELECTRIC LADY LAND

SET LIST(Gacharic Spin)
01. GS Gacha 2015
02. LOCK ON!! -2013-
03. TAMASHII
04. Don’t Let Me Down
05. GS★PLANET
06. 夢喰い鮫
07. ハンティングサマー -2014-
08. 赤裸ライアー
09. 運命さえも変える言葉
10. ダンガンビート
ENCORE
11. WINNERS
12. GS Gacha 2012

◆LAGOON
 全く知らないバンドでしたが,Voは女優として有名な瀧本美織が務めています。と言っても,瀧本美織自身を知らなかったのですけれども。音楽性は典型的なガールズ・バンドといった印象かなあ。悪くないけれど,それ程の特徴を感じなかったのも事実。爽やかな感じなので好きな人は好きなことでありましょう。個人的にはこのバンドを目当てでライヴに行くことはないかなあといった感じ。対バンとかでいると楽しめるかもしれないけれども。

◆Gacharic Spin
 今回のお目当て。今まで機会は結構有った筈なのだけれども,Gacharic Spinのライヴ自体は今回が初めてかな。DOLL$BOXXは昨年のELECTRIC LADY LOUDのときに見ているんですけれどね。何と言っても,会場の盛り上げ方が素晴らしい。楽器隊とダンス隊とが有機的に機能しているのが素晴らしいです。FチョッパーKOGAにオレオレオナ,はな,TOMO-ZOとメンバーのキャラクターが立っているのも楽しい。個人的にオレオレオナとはなが大好きなのですけれどね。特に力強いはなのDrとしての魅力は最高に素晴らしい。激しい歌唱も素敵であります。演奏した曲は最近のが多めだったけれど,「ダンガンビート」や「WINNERS」が聴けて大満足。「夢喰い鮫」や「赤裸ライアー」も改めて聴くと大変盛り上がるいい曲だと思いました。残念だったのはパフォーマー2号ありさがこのライヴの後に脱退したことで自分が見たのはこれが最後になったということ。学業に専念する為という理由なので仕方がないのですが,パフォーマーを交えてこそのGacharic Spinでありましょう。その意味ではやはりこのバンドはライヴで楽しみのが一番に思えます。とにかく実に楽しいライヴでありましたので,また何度でも足を運んでしまいそうです。
posted by 森山樹 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2015年10月25日

購入記録(2015.10.25)

AMBERIAN DAWN イニュエンドゥ マーキー ¥2,808

フィンランドのシンフォニック・メタルバンドの新譜です。
既にこの種の音楽の中核を担っている気がします。
未だに地味な印象は拭えないのは気のせいかなあ。
何時かは来日公演をしてほしいバンドのひとつです。
LOUD PARKあたりで来てくれると嬉しいのですけれどね。
なかなか単独公演というのは厳しいように思います。

〈2015年音源購入覚書〉 計55枚(除DVD8枚)
posted by 森山樹 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年10月21日

BURRN! 2015年11月号



 Ritchie Blackmoreが表紙のBURRN!の2015年11月号です。というわけで,冒頭からRitchie BlackmoreとCandice Nightの長いインタビュー記事が続きます。このあたりは自分の興味対象外なのでほぼ未読。その次のCHILDREN OF BODOMは一応読んだけどね。CHILDREN OF BODOMも最近の作品には全く触れていません。初期はあんなに好きなバンドだったんだけどなあ。

 LOUD PARK直前に発売された号ということで,特集も組まれています。この10年間のLOUD PARK参加バンドを見ているのは素直に楽しい。THERIONにNILE,NOCTURNAL RITES,BLIND GUARDIAN,AMORPHIS,LACUNA COILが参加していた2007年は今見てもやはり魅力的。是非行きたかった。改めて振り返ると割と似たようなバンドが何度も参加している印象があります。AMORPHISやTHERIONには再度の参戦を期待したいものであります。昨年初めて行きましたが,やはり楽しいイベントですので,今後も継続して欲しい。運営にはいろいろ不満がありますけれども。

 インタビュー記事ではHIBRIAくらいしか好みのバンドはなかったなあ。ex-陰陽座の斗羅こと河塚篤史が加入したCONCERTO MOONは一応読んだけれども。ライヴ記事もHIBRIAくらい。NOZOMU WAKAI’S DESTINIAはどうなのかな。FukiがVoを務めているというのは大変気になっています。ただ,バンド名に個人の名前を冠するというのが自分としてはかなりダサく感じてしまうのが残念。ただそれだけで手を出し辛くなってしまっています。何とかならないものかなあ。音楽性自体は割合に好みのような気はするんですけれどね。

 新譜はAMBERIAN DAWNやLEAVE’S EYESといったゴシック/シンフォニック系のバンドが80点台の後半と高評価。但し,毎度このあたりの点数なので判断に困ります。いずれにせよ,買ってしまうのですけれども。Mary’s Bloodの点数の高さも目を引きました。輸入盤では特に興味を引くものはありませんでした。まあ,こういうときもあります。
タグ:BURRN!
posted by 森山樹 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌感想

2015年10月19日

RAGLAIA“BREAKING DAWN TOUR 2015”@名古屋CLUB QUATTRO

RAGLAIA“Breaking Dawn Tour 2015”
2015.06.13(sat) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO

SET LIST
01. Cross
02. Aching Memories
03. Eversince[ALDIOUS]
04. Promises
05. Ability
06. Don’t Change Your Mind[浜田麻里]
07. Strings of Fate
08. Across[ALDIOUS]
09. Outer Dark
10. Spirit Black[ALDIOUS]
ENCORE
11. Forlorn?

 元ALDIOUSのRamiがSADSのK-A-Zらとともに編成したRAGLAIAの初ワンマンライヴに行ってきました。RamiはALDIOUS時代に一度だけライヴに行った記憶があります。現在のRe:NOとはまた違った魅力のVoであり,また初期のALDIOUSの楽曲の作詞や作曲を手掛けていた印象が強いです。病気療養を理由としてのALDIOUS脱退から約3年を経ての復帰は素直に嬉しい。今後の更なる活躍を期待したいVoであります。

 初ワンマンライヴにも関わらず,会場が名古屋CLUB QUATTROということで危惧していましたが,人入りは結構多かった。流石に満員とはいきませんでしたが,それでも8割くらいは埋まっていたように感じます。ライヴ開催時点でシングル1枚を発表したに過ぎなかったので,どんな曲を演奏するのか楽しみにしていましたが,ALDIOUS時代の曲を含めて全部で11曲というのは意外に多かった印象。久しぶりに聞いた「Across」あたりは感涙ものでありました。Re:NO加入以降のALDIOUSでは聞く機会が少ないですからね。勿論,1stシングル『BREAKING DAWN』からの全曲とライヴ当時は未発表だった2ndシングル『PROMISES』に収録の曲も先行で聴けたのは嬉しかった。ALDIOUS時代とはまた異なった力強い曲がRAGLAIAの魅力でありますが,如何にもライヴ映えして楽しいです。K-A-Zを始めとする楽器隊も実力者揃いですしね。BのERYの美貌と演奏も素晴らしい。浜田麻里の「Don’t Change Your Mind」は流石に驚きましたけれども。とは言え,やはり現時点での持ち歌が少ないのは仕方がないところ。曲数が増えれば,更に満足度の高いライヴになるだろうと思います。

 初ワンマンライヴということではありましたが,全く問題はなし。実力者が揃うバンドだけに存分に楽しめます。激しい楽曲が多めなのもライヴでは楽しいところ。曲数が増えることで,更に多彩な音楽性を見せてくれることでありましょう。それでもALDIOUS時代の曲も続けて欲しいですけれどね。そして,何よりも元気なRamiの姿を見ることが出来たということだけで十分に満足であります。今後も僚友ALDIOUSとともにメタル界を盛り上げて欲しいと思います。
posted by 森山樹 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2015年10月17日

Mary's Bloodインストアイベント

Mary’s Bloodインストアイベント
2015.10.16(fri)
タワーレコード名古屋パルコ店

Mary's BloodサインCD.JPG

SET LIST
01. Song for You
02. Infinite Love
03. Ready to Go

 Mary’s Bloodの新譜に伴うインストアイベントに行ってきました。内容はアコースティック・ライヴとサイン会です。Mary’s Bloodのインストアイベントは昨年に続き2回目。前回はトークショーとサイン会だったかな。いずれにせよ,大好きなバンドと間近で触れ合えるというのは嬉しい機会であります。

 イベント自体は18時30分開場,19時開始だったのですが,18時くらいからのサウンドチェックも見ることが出来ました。早めに行ったのでミニライヴもほぼ最前列を確保することが出来て満足。やっぱりRIOが好みなのですが,眼鏡姿のSAKIも可愛かったです。ミニライヴで演奏があったのは上記の3曲。アコースティック・ライヴということでほぼ想定通り。普段の爆音のMary’s Bloodとは異なる印象が楽しめました。「Song for You」は名曲ですね。相変わらず,EYEの歌唱は絶品ですし。僅かな時間でしたが,自己紹介を兼ねたMCがあったのも嬉しい。EYEからのお題である「名古屋の好きなところ(人,食べ物以外)」に困惑するSAKIがあまりに魅力的過ぎました。RIOやMARIもそれぞれ個性的な答えが楽しかったです。サイン会ではメンバーとそれぞれ少しだけお話が出来たのが嬉しい。RIOのはにかんだ笑顔がたまりません。EYEの格好良さも格別ですけれどね。

 というわけで,ミニライヴとMC含めて概ね30分のイベントでした。インストアイベントは割合に好きなのですが,名古屋ではあまり開催されない気がしています。昨年はMary’s Blood,CYNTIA,HRADPHONE PRESIDENTに行ったんだけどね。今年はRAGLAIAに都合で行けなかったのが残念だったなあ。ライヴとはまた違った形で交流出来るイベントなので,今後も機会を見つけて参加したいと思います。先ずはその前にMary’s Bloodのライヴなのですけれども。
posted by 森山樹 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想