2015年06月28日

WOMAN'S POWER Vol.58@心斎橋ALIVE!

WOMAN’S POWER Vol.58
2015.03.08(sun) 大阪・心斎橋ALIVE!

 1991年から始まる由緒あるライヴイベントWOMAN’S POWER Vol.58に参戦してきました。場所は心斎橋ALIVE! 6つの女性バンドによる饗宴は非常に華やかで,かつ力強いものがありました。但し,その6バンドの内,2バンドが2015年中に無期限活動休止若しくは解散となってしまったのは悲しいものがあります。会場となった心斎橋ALIVE!事態も営業終了してしまいましたしね。イベントそのものは非常に楽しく好みではありますので今後も機会が合う限り参戦したいと思います。次回は9月に東京,10月に大阪となっていますが,10月の大阪はLOUD PARKと日程が被るのが残念。9月に東京へ行くのもいろいろ難しい部分はありますが,参戦を模索してみたいと思います。

◆Headphone★Baby
 全くの初体験。宇宙からの侵略者を意識したバンドなのかな。悪くはないんだけど,それ程好みでもなかったです。普段は聞かないバンドにも触れられるのがこの種のイベントの面白いところでもあります。

◆HERe:NE
 2014年のElectric Lady Loud以来かな。相変わらず,おかんことVoの和鬼子の存在感が強烈。そして,Gの煉の美貌も素晴らしいです。年間100本のライヴを目標に掲げているだけに安定したパフォーマンスは秀逸。音楽性も悪くないです。残念だったのは前回のライヴで折れた杓文字の葬儀という知らない人にとっては無意味なイベントが中心だったこと。置いてけぼりにされた感がありました。

◆Hurly Burly
 2014年にDESTROSE目当てで伏見ハートランドで一度鑑賞したバンドです。音はそれ程重くはないけれど,結構好みの音楽をするバンドだと思います。メンバー全員が美人というのも素晴らしい。中でもお気に入りはDrの葵です。Voのyumiも華のあるフロントマンとしての立ち位置が素敵。彼女たちを目当てにライヴに行くまでではないけれども,対バンなどにいると嬉しいバンドではあります。音源を購入するほどにはお気に入りです。

◆SPARK
 此方も2014年にHurly Burlyとともに伏見ハートランドで鑑賞したバンド。名古屋が本拠地ということで応援したいものであります。とは言っても,音楽的にはやはり軽めかなVoのRinaの会場の盛り上げ方は上手かったです。残念ながら現在はVoのRinaとGの果歩が脱退した模様。此方はarakiahという新バンドで活躍しています。どちらのバンドも名古屋を中心に活動しているので頑張って欲しいと思います。

◆DESTROSE
 今回最大のお目当てのひとつ。国産メタルバンドとして大いに今後が楽しみなバンドとして注目していました。しかし,Voの里彩が体調不良の為に活動休止ということでAROUND THE NATIONのIBUKIを代役に立てての公演となったのが残念。出来るならば,やはり正規のメンバーで観たかったです。IBUKIの力強いメタルシンガーぶりはやっぱり格好いいんだけどね。Gの成美の美しさも堪能いたしました。但し,このDESTROSEは7月をもって無期活動休止とのこと。事実上の解散ということになってしまうのかな。いいバンドであるだけに無念ではありますが,今後のメンバーの更なる活躍を期待したいと思います。解散前に一度でも鑑賞出来たことがせめてもの救いではあります。

◆雛-hina-
 今回のお目当てのもうひとつ。和風ロックバンドというコンセプトが既にたまらなく好み。和装でのライヴはやはり映えます。特にVoの弥生の力強い歌唱が実に素敵。「戦剣の乱舞」の格好良さは鳥肌ものでありました。Gの陸の美しさも格別ですね。残念ながら雛-hina-も2015年10月のライヴをもって解散するとのこと。残されたライヴはあまり日程が合わないこともあって,もう一度鑑賞することは能わぬ気がします。それでも此方も解散前に一度鑑賞出来たのは僥倖でありました。今後のメンバーの動向を注視しながら,それぞれの更なる飛躍を祈っています。
posted by 森山樹 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2015年06月14日

陰陽座“雷神”@名古屋DIAMOND HALL

陰陽座“雷神”
2015.02.17(tue) 愛知・名古屋DIAMOND HALL

SET LIST
01. 雷神
02. 天獄の厳霊
03. 夜歩き骨牡丹
04. 千早振る
05. 百の鬼が夜を行く
06. がしゃ髑髏
07. 神鳴忍法帖
08. 組曲「鬼子母神」〜鬼拵ノ唄
09. 人首丸
10. 累
11. 蜩
12. 青天の三日月
13. 天狗笑い
14. 組曲「鬼子母神」〜鬼子母人
15. 吹けよ風,轟けよ雷
16. 而して動くこと雷霆の如し
17. 雷舞
ENCORE 1
18. 序曲〜魔王
19. 喰らいあう
ENCORE 2
20. 組曲「義経」〜悪忌判官
21. 邪魅の抱擁
22. 卍
23. がいながてや
ENCORE 3
24. 骸

 昨年の「風神」に続いて,陰陽座のライヴ「雷神」に行ってきました。その名の通り,昨年発表した『雷神創世』を引っ提げてのツアーということになります。前回の「風神」の際に宣言された通り,『風神界逅』からは一曲もやらないというのが潔い。まあ,どちらも12曲が収録されているので,この2枚だけでライヴが終わってしまうという事情もあります。古い曲も聞きたいというのがファン心理なので,これは有難い配慮ではあります。ライヴは一度でも多い方が嬉しいですしね。

 ライヴは本篇17曲にアンコール7曲の計24曲。『雷神創世』以外から12曲を演奏した計算になります。古いのは「邪魅の抱擁」くらいかなあ。勿論,「百の鬼が夜を行く」や「がいながてや」も相当古いのだけれども,ライヴでは定番なのでそれ程懐かしさは感じません。個人的には「がしゃ髑髏」や「喰らいあう」は素直に嬉しかった。雷繋がりで「靂」をやってくれないかなあと思っていたのですが,期待外れに終わりました。『雷神創世』中の曲では「累」と「蜩」が素晴らしく良かった。しっとりと歌い上げる黒猫の歌唱はやはりずば抜けて美しい。「累」に対する瞬火の熱いMCも楽しかったです。本篇の最後が「雷舞」というのは或る意味で当然。今後も定番曲となりそうな気がします。アンコールは「魔王」に「卍」に「骸」と激しい曲が続きます。「悪路王」は前回のツアーで演奏しているので今回はなし。「悪忌判官」も久しぶりに聞いたけれど,やっぱり名曲ですね。最近の曲よりも『鳳翼麟瞳』や『夢幻泡影』のころの曲の方が印象に残っているのが不思議。そして,相変わらずアンコールのMCが長いです。瞬火の長口上もライヴの楽しみのひとつではあるのですけれども。曲数も多くてサービス精神が旺盛だなあと思います。ファンとしては素直に嬉しい。

 概ね3時間を超える長いライヴでありましたが,中弛みすることなく充実していました。やはり陰陽座のライヴの満足度は格別なものがあります。正式な発表ではなかったものの夏に改めてツアーを行う旨の仄めかしがあったのも嬉しい。次は新譜発表に伴うツアーではない筈なので,更に多彩な楽曲が期待出来ることでしょう。因みに今回もツアーTシャツを購入しています。後は珍しくキーホルダーも買ってみました。最近はそういえば浪速の行商人というフレーズを聴かなくなったなあと思います。かつてはMCの定番だったのですけれどね。何はともあれ,改めて陰陽座のライヴの楽しさを再認識しました。夏に予定されているツアーも可能な限り参戦したいものです。
posted by 森山樹 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2015年06月13日

購入記録(2015.06.13)

LUCIFER LUCIFER I ¥2,592
LUCIFERIAN LIGHT ORCHESTRA LUCIFERIAN LIGHT ORCHESTRA ¥2,592
GALNERYUS ATTITUDE TO LIVE ¥5,999
Gacharic Spin ガチャレンジFINAL!! 2014 ¥4,350

GALNERYUSとGacharic SpinはライブDVDです。
暫く迷っていたのですが勢いで買ってしまいました。
どちらも今月にライヴ参戦を予定しています。
じっくりと鑑賞して予習をしておきたいところです。
LUCIFERとLUCIFERIAN LIGHT ORCHESTRAは名前は似ていますが別バンド。
音楽性も割と同一性が高いらしいというのがややこしい。
オカルト系メタルということで楽しみにしています。
個人的にはLUCIFERIAN LIGHT ORCHESTRAにより期待かなあ。

〈2015年音源購入覚書〉 計36枚(除DVD5枚)
posted by 森山樹 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録

2015年06月08日

SECRET SPHERE JAPAN TOUR 2015@名古屋CLUB ZION

SECRET SPHERE JAPAN TOUR
2015.01.11(Sat) 愛知・名古屋CLUB ZION

SET LIST
01. PORTRAIT OF A DYING HEART
02. X.
03. HEALING
04. UNION
05. THE FALL
06. LIE TO ME
07. WISH & STEADINESS
08. LEGEND
09. UNDER THE FLAG OF MARY READ
10. THE SCARS THAT YOU CAN’T SEE
11. ETERNITY
12. MR.SIN
13. LEONARDO DA VINCI
14. LADY OF SILENCE
−Encore−
15. DANCE WITH THE DEVIL
16. DETROIT ROCK CITY

 イタリアのSECRET SPHEREの来日公演に行ってきました。諸般の事情で無料公演になってしまったのですが,勿論自分は事前にチケットを購入済み。後日,きちんと払い戻しを受けました。というか,こういうことってあるんだなあと或る意味で想い出に残るライヴであります。会場はCLUB ZIONということで,それ程大きくはありません。会場も満員とは言い難く,割合に楽に鑑賞することが出来ました。それはそれで残念な気もしますけれども。何はともあれ,SECRET SPHEREのまさかの来日公演を体験出来たことは非常に嬉しいです。正直なところ,次の機会はないかもしれないとさえ思ってしまいます。なお,今回は前座と共演のバンドが付いていました。

◆Adrastea
 御当地,名古屋のシンフォニック・メタル・バンド。何度か鑑賞したことがあります。いつも通りに割と好みの音楽をやってくれるのが嬉しい。如何にもなメロディック・メタルで印象には残り辛いのですが,悪くないと思います。音源を購入してもいいかなあと思っていましたが,結局買い逃してしまいました。まあ,名古屋を中心に活動しているので聞く機会は多いでしょう。

◆EGO FALL
 中国は内モンゴル自治区のメタルコア・バンド。勿論,聞くのは初めて。というか,中国の辺境である内モンゴル自治区にメタルコアをやるバンドがあることに驚きです。これも近代化の波というものなのでしょうか。それはともかく,馬頭琴やホーミーなど如何にもモンゴル音楽を基調としているということに好感を覚えます。モンゴル音楽とメタルコア,双方の要素の融合という点ではやや微妙なところですが,それでもなお興味深い音楽性だったのは事実。実際,演奏も決して悪くなく,会場も結構盛り上がっていました。次に聞く機会があるかどうかは分かりませんが,是非ともこの路線を推し進めて欲しいものです。

◆SECRET SHPHERE
 そして,お目当てのSECRET SPHERE。これが非常に素晴らしいライヴでありました。とにかくミケーレ・ルッピの歌唱が圧倒的。凄まじいものを聴いてしまったなという印象です。勿論,歌唱だけではなく,フロントマンとしての佇まいも素晴らしい。一瞬にして会場の心を掴み,盛り上げることを容易く行っていました。楽器隊の演奏も前座バンドと比較するのが申し訳ないくらいの技量で大仰な彼らの世界観を演出してくれます。迫力が全然違うのですよね。小さなライヴ会場で演奏するのが勿体ないくらいに圧倒されます。久しぶりに心震わす公演を体験したなあという興奮が暫く残っていました。楽曲そのものは割合に最近のものが多かった印象はありますが,『A TIME NEW COME』からの「LEGEND」〜「UNDER THE FLAG OF MARY READ」の流れは最高でした。会場の盛り上がりもこのあたりが最高潮に思えます。「THE BRAVE」を演奏してくれなかったのは,やや心残りではありますが,それでも十分に満足の出来る圧巻の内容でありました。因みにアンコールの「DETROIT ROCK CITY」はKISSの名曲ですね。個人的には最後までSECRET SPHEREの曲を聴きたかったのも事実ですが,これも会場を盛り上げようとするサービス精神の表れでありましょう。とにかく非常に楽しい体験でありました。再度の来日を大いに期待したいものであります。是非ともLOUD PARKあたりの大きな会場での公演を観てみたいですね。決して,ステージ負けすることはないと確信しています。
posted by 森山樹 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ感想

2015年06月07日

購入記録(2015.06.05)

激情★めたりっちぇ 必殺リバーシブル ¥1,000
arakiah Another World \500

どちらもライヴ会場で購入。
激情★めたりっちぇもarakiahも本来好きな系統の音楽ではないんですけどね。
メタルコアに影響を大きく受けている気がします。
とは言え,ライヴは素直に楽しかったです。
機会があれば,またライヴに行くのも悪くないかもしれません。
やっぱり好きな音楽はあくまでもへヴィメタルであります。

〈2015年音源購入覚書〉 計34枚(除DVD3枚)
posted by 森山樹 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入記録